クライエントの作業と環境に焦点を当てる作業療法特有のアプローチは地域や施設で暮らす高齢者の生活を健康的で明るく活力あるものにします

当研究室では,作業療法の実践モデルである人間作業モデルや作業遂行と結び付きのカナダモデル,作業的存在としての人間を研究する作業科学などの考えを用いた高齢者へのアプローチを探求しています.現在は,在宅高齢者が満足した生活を送るために必要な環境を評価できる包括的環境要因調査票CEQを用いた介入効果や,軽度認知障害から正常状態への回復(リバート)を促進する作業療法アプローチに関する研究などに取り組んでいます(→研究室の取り組み).

作業とは,人が自分の環境の中で意味をもって行う全ての活動を指し,ADL・仕事・遊び(レジャー)・休息に分類されるものです.

ニュース・トピックスバックナンバー

2020/11/04 籔脇教授が12月12日からweb上で開催される厚生労働省指定臨床実習指導者講習会(宮城県作業療法士会・東北福祉大学主催)の講師と世話人を担当します!
2020/09/29 研究室メンバーにオンラインゼミナールのメンバー4名とアドバイザー2名が新たに加わりました!
2020/09/25 平成25年度に修士課程を修了した鹿田さんの原著論文がJournal of Japan Academy of Health Sciences 23巻2号に掲載されました!
2020/09/07 9月25日よりweb上で開催される第54回日本作業療法学会で佐野さん(H28修士修了),鹿田さん(H25修士修了)が発表します!
2020/08/20 日本作業療法士協会主催で10月10・11日に開催される認定作業療法士共通研修研究法(web開催)の講師を籔脇教授が担当します!
2020/06/30 平成27年度に修士課程を修了した中原さんの原著論文が作業療法に採択されました!
2020/06/15 作業療法に籔脇教授が執筆した巻頭言「作業療法と二項対立」が掲載されました!
2020/04/01 籔脇教授が東北福祉大学健康科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻に異動しました!
2020/02/15 平成28年度に修士課程を修了した佐野さんの原著論文が作業療法39巻1号に掲載されました!
2019/08/15 平成28年度に修士課程を修了した鈴木さんの原著論文が作業療法38巻4号に掲載されました!
2019/07/31 介護情報サイトきらケアきらっコノート(株式会社レバレジーズ)にて当研究室の研究内容が詳細されました!
2019/05/13 ホテルクラウンパレス浜松他にて5月11・12日に開催された第6回日本臨床作業療法学会学術大会で佐野さん(H28修士修了)がCreative Destruction賞を受賞しました!
2019/03/01 籔脇教授が分担執筆を担当した「地域リハビリテーション学第2版(PT・OTビジュアルテキスト)」が羊土社より発刊されました!
2019/02/25 軽度認知障害,正常状態,認知症高齢者間の役割遂行や環境要因,身体活動量の違いを明らかにする調査の研究協力者を募集しています!
2018/10/03 平成26年度に博士課程を修了した小野さんの原著論文がBritish Journal of Occupational Therapy 81巻10号に掲載されました!
2018/04/01 籔脇教授が平成30年度科学研究費助成事業の基盤研究Cに採択されました(研究課題名:軽度認知障害から正常状態への回復を促進する包括的な役割・環境支援プログラムの開発)!
2018/03/05 籔脇教授が共著者となっている中村裕美さん(埼玉県立大学)の原著論文がBritish Journal of Occupational Therapy 81巻3号に掲載されました!
2017/10/15 籔脇教授が分担執筆を担当した「基礎作業学第3版(標準作業療法学専門分野)」が医学書院より発刊されました!
2017/04/01 籔脇教授が分担執筆と動画撮影に協力した「作業療法を観る(DVD付)」がシービーアールより発刊されました!
2017/03/01 CEQとはにCEQ-SFと指示文を統一した第2.2版の見本を掲載しました!
2017/02/15 籔脇教授の原著論文「高齢者に適用する包括的環境支援地域連携クリニカルパスの開発-内容的妥当性の検討」が作業療法36巻1号に掲載されました!

アクセス

吉備国際大学へのアクセス

  • 岡山駅より備中高梁駅へ「特急やくも」で約30分
  • 備中高梁駅から徒歩約20分
  • 高梁バスセンターから市内循環バスに乗り,吉備国際大学前で下車
    所要時間約7分



    →大学の場所を確認
吉備国際大学へのアクセス

研究室の場所

キャンパスマップ

このページの最上部へ